スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年を振り返る

いよいよ今年もあとわずか。
せっかくなので2013年の多趣味家を
振り返ってみようと思います。

考えてみれば2012年11月末にブログ閉鎖宣言、
そして1月には前言撤回(汗。
と、今年はまさに再出発の年だったのかなー。
何しろ転職して時間がとれない時期が続き、
あげくに年末に盲腸で入院(涙。
はじめて年末年始を病院で過ごすという経験・・・。

年初めはまだ2キャラほど六紋一門に参加してたのね。
考えたらその筆頭様も引退宣言された2013年(涙。
春には完全に一門を抜けてしまったのですが、
今更ながらとても良い経験をさせていただきました。
今は全キャラ『雲の如く』一門に所属している多趣味家。
最近では筆頭様も常連一門メンだった方もイン率が減り
決まったメンツで時間が合えば攻略に出かけたりですが。

1月時点ではまだ限られたキャラだけ戦闘装備で過ごし、
残りのキャラは職人装備というプレイスタイルでした。
今では全員、戦闘装備でしかも2垢同時稼動も(汗。
G.W.明けには完全に2垢に移行してたんですね。
今ではすっかり2垢に慣れてきた、と思うのですが
慌てると、つい操作ミスするのは変わりません・・・。

上半期は九州の友好貯めに夢中だった多趣味家。
pt稼ぎも当時は3ヶ所フツーにやってましたしね。
何しろ3キャラしか実際は稼動してなかったですし。
全キャラ九州3勢力ともに友好42,001を目標に
育成もしつつ遊んでいたわけですが、
夏になんとか目標を達成できました!
長かったけど、合成腕貫欲しさに励みました。

さて、2垢稼動がフル回転して下半期。
2垢稼動で一番よかったなーと思ったのは
絵巻埋めが進んだことかな(汗。
今更?というような絵巻対象とかでも
2垢+家臣でなんとか倒せたりしましたからね。
早いところ人数制限のあるダンジョンも開放して欲しい!

これまで実稼動3キャラだったのが2垢稼動が実現して
ptも九州を卒業して忘却がメインに。
まぁこれまで3キャラ3ヶ所だったのが8キャラ1ヶ所という
プレイスタイルにはなってしまいましたが(汗。
安土も導入されてpt3ヶ所はもういいかなーと。
とはいえ道場狩りは週に2度ほどですが・・・。

レベルが70まで開放されて、
全キャラがLv70に到達したのが9月。
それからは覚醒育成だけが楽しみな日々。
そんななか合戦仕様のテコ入れが発表され、
しばらく離れていた合戦への思いが高まりました。
ここ2ヶ月ほどは合戦ネタも増えましたしね(笑。
また、いま夢中になっているもののひとつに
生産瓦というものもあったりします。
何しろ報酬がカヅン!!と増えましたので。
1日おきにレベルが上がるのは嬉しい限りです。

最後に2014年の抱負。
・新仕様合戦への積極的な参陣
・装備新調を引き続き模索
・(今までどおり)覚醒育成
・生産潜在育成

やはり新仕様の合戦が本格稼動したら
積極的に参陣するのが今から楽しみですね。
合戦が無い週はやることを見つけるのが大変で(笑。

ということで。
今年も何かとお世話になりました!
2014年もどうぞよろしくお願いいたします。
それでは、皆さん良いお年を~





スポンサーサイト

イベント合戦が延長?

昨日、イベント合戦についてゲーム内で発表会?
が行われたようですね。
公式サイトにその内容が掲載されていました。

4回の合戦では調整しきれず延長するそうです。
1月8日から5回目の合戦が行われるとか。
んで、今回も変更があるようですね。

まずは、陣陥落の条件が変更。
支配力とかいう要素が色々と話題になっていましたが
変更後は武将撃破のみで陥落となるそうです。
工作などで支配力はゼロになっても武将を倒さないと
陣は落ちないという仕様のようですね。
ただ、支配力によって武将の徒党数が減るもよう。
最高で3体減少するようです!
これって総崩れという仕様も残したままですよね?
だとしたら支配力によっては後陣武将も怖くない存在に?
なんだか嬉しい変更ですねー

そして、工作による戦果はゼロになるらしい。
つまり支配力を削ったり回復できて手柄にはなるが
その行動自体は戦果とならないってことですかね。
いいんじゃないでしょうか。

突撃武将についても変更があるようで。
合戦コミュニティで話題になっていた問題ですかね?
武将を落としていなくても戦果的に勝ててたりするのは
この突撃武将によるものだったんでしょうか?
突撃武将については詳しくないので割愛します(汗。
公式に詳細が掲載されていますので、ご確認下さい。

最後に。
天下人補正の仕様が凍結されるそうです。
つまり導入したものの一旦廃止ということかな。
さらに、士気についても同様に仕様凍結だとか。
公式サイトの説明では士気の意味が薄れてきた
とか書かれていましたが、実際どうなんでしょ?
個人的には天下人補正については大国同士の同盟
などを防ぐ意味でもいいかなーと思っていたのですが。
まぁ士気は必要ないような気がしていたので
良かったのではないでしょうか。

いずれにしても1月8日から再度イベント合戦。
組み合わせは4回目と同じなのかな?
同じでもいいからマップは別なのがいいなぁ(汗。
ちと飽きてきました・・・。
なんとなく本番再開は2月くらいになるのかなー





テスト合戦が終わりましたね

あ、テスト合戦じゃなくてイベント合戦か(笑。
まぁ何はともあれ皆さんお疲れ様でした。

メンテ明けは合戦報酬の交換週ということで
気になるのは、来年、現仕様のまま本実装なのか
それとも最終調整があるのかですね。
個人的にはトンカチは自陣のみ、という仕様を
一度経験しても良かったかなーと思ってみたり。
突撃武将があまりに強力すぎない?とか・・・。
まぁ大筒と工作については新要素として本実装で
何かしら楽しめるんじゃないかな?と思います。

そうそう、報酬にも賛否両論あるようで(汗。
個人的には私には手の届かない神秘石がもらえる
というだけで嬉しいのですが・・・。
最悪、報酬が無くなっても以前のような一体感を
感じられる合戦なら足を運びたいと思います。

それにしても大筒は防衛としては楽しいですねー
1_20131225055556b05.jpg
後陣で待ち構えて徒党を撃退した時なんかは
イエスっ!てガッツポーズしちゃいました(笑。
あと、敵PCの工作を邪魔するのにももってこい。
2_201312250555543a3.jpg 3_201312250555555d9.jpg
邪魔しちゃった皆さん、ごめんなさい(涙。
まぁ2発目か3発目を撃つ頃には撃退されるのが
オチなのでどうぞお許しを(汗。

あ、そういえばクリスマスイベント中なんですね?
ええ、全くもって興味ないんで受けてません(笑。
今後は覚醒育成と合戦のみかなーと。
特に攻略したいダンジョンも無いし・・・。
あったとしてもスキル的に難がありそうなんで
プレイスタイルを絞って楽しもうと思います。

何はともあれ、メリークリスマス♪





さて、どうなることやら

メンテも明け、合戦報酬もちゃっかり受け取り、
恥ずかしながら功名帳手柄にまたも名前が(汗。
1_20131218132454346.jpg
今週は武芸さんで参陣してたわけですが。
演舞さんで参陣していた時よりも手柄は多め(汗。

それにしても合戦報酬は豪華ですね~
ありがたいのはありがたいのですが・・・。
負けた方もこんなにもらえるのってどうなんでしょ?
まぁ勝った方はもっともらえてるんでしょうけど(笑。
ちょっとしたバラマキになってるような印象も。
報酬は勝った方だけでもいいかもしれないですよね。
そんなこと書くと叩かれそうですが(涙。

さて、最終週となる今回の合戦。
どういうわけか武田家が優勢のもよう。
実はまだ参陣できていないので、
現場で何が起きているかは知りませんが。
継続戦果廃止の影響なのかな?
天下人補正の影響を縮小したからかな?
何やら突撃武将の効果が問題視されている
という記事も読ませて頂きましたが。
いずれにしてもテストとしては、徐々に良くなるという
本来の経過ではなく、4回もテストしているのに
問題が大きくなっているような印象も(汗。
年明け、本番再開して大丈夫なのかな・・・不安。

いずれにしても。
今回は武田家優勢といっても接戦のようですし、
ここはひとつ師走だということを忘れて
参陣しなくちゃですねー
ようやく合戦の面白さを思い出しつつあるので
なんとか以前のように楽しめたら、と思っています。





トンカチ考察

合戦好きのプレイヤーさんたちのブログや
合戦コミュニティでも話題のトンカチ工作。

賛否両論なんですよねー
低Lvでも参加できる容易さがいい、とか
合戦の雰囲気をぶち壊している、とか
まぁ意見も様々なようで。
前回のブログにも書いた通り、私としては
なかなか面白いんじゃないかなーと(笑。
ま、ほとんど騎馬で行動しているので
銃撃とかで落とされない限りやりませんが、
『味方の役に立っている』という実感が
それなりにあると思うんですが、どうでしょ?

そんななか良案が出てましたね。
自陣の修復、奪還のみ使用できるようにする
というアイディアはいいと思います。
すると、工作重視の方は自陣で活動するし
敵陣に攻め入る武将徒党やN狩りさんたちは
前線にと住み分けができそうかな?と。
ただ、合戦開始時は工作できないですよね・・・。
そういう意味では序盤は防衛とかするのかな?
兵站で密書なんかもありかも?

それにしても、トンカチ集団を駆逐するのは
数も多いだけに大変ですよね・・・。
馬で轢いたり大筒とかでないとなかなか(汗。
もしかすると本日からの最終週のあと
最終調整としてトンカチ工作に何かしらの
修正がはいるのかもしれませんよね?

最後に。
ここまで参陣してきて個人的な印象として、
徐々に住み分け的なこともできてねような感じ。

■武将部隊
フルか4名程度で武将に取り付く徒党とかかな。
ゲリラみたいな呼びかけは皆無ですが(汗。
徒党専用の掲示板も設置されたものの
あまり利用されていないような印象(涙。
募集追加したらメッセージが流れるといいかも?

■対人部隊
複垢の方が多そうな印象ではありますが(汗。
その場その場で救援だして対応も多そう。
疲労が無くなったので叩かれても以前ほど
悶々とした気持ちにはならなくなりましたね(笑。
以前、どこかで見かけたブログ記事で
自分の徒党数より少ない相手を叩けなくする
という案がもし実現したらそれはそれで
ストレスは無くなるでしょうけど、
合戦らしさが失われそうな気もしますよね。
7体徒党に叩かれたら
『ひとりでコイツらの労力を独占してる』
くらいの気持ちでいないとやってられませんが(笑。
ま・・・数秒で死ねますけどね(涙。

■N狩り部隊
私はどちらかというとこの行動が多いかな。
ただ、この行動がどれほど陣を落とすのに
貢献しているのか疑問ではありますが・・・。
ゲリラのために雑魚を蹴散らしておく的な
意味合いはもう無いような気がします。
単に戦果を稼いでいる感じ?
つーか、どれほどの戦果になるのやら??
トンカチ工作員をNPCから守る的な意味合い
なら少しはモチベも保てますけどね。

■防衛部隊
なかなか陽の目を見ない役割ですが(涙。
時には自陣で鉄砲や弓で待ち構えてたり
時には大筒で後方から支援したり
時には徒党を馬で割ったり、ですかね。
もう少し重要視されても良さそうですが。
今はトンカチ集団に押されて守備という概念が
微妙になっているだけに要テコ入れかな?

■工作部隊
いまやちょっとした花形部隊?
だいたい、騎馬の方がほとんど見られないほど
皆さん励んでらっしゃいますものね(汗。
まわりで救援だしてても黙々というのは
少しばかり異常ではありますが・・・。
まぁN狩り部隊がいるだろう、という安堵か?
疲労が10ずつ貯まる、というのも良仕様なだけに
うまく調整することができればいいんですけどね。


いずれにしても、今週はテスト合戦最終週。
継続戦果が廃止されたことがどこまで影響するのか?
個人的にはかなり興味深いです。
できたら士気も廃止して欲しいんですけどね・・・。
あ、ここで書くより合戦コミュニティに書くべきか(笑。
まぁ合戦素人の意見ですからブログで十分(爆。






18日からテスト合戦最終週

早くも公式に今回の調整内容が掲載されてますね。

メンテ明けも同勢力との合戦のようですが。
やはり実戦に近い形のほうが実感がありますね。
ただ、補正値はそのままっぽい(涙。
とはいえ、その効果が限定されるらしいので
是非とも同じ対戦相手と戦うことで実感したいなと。

あと、驚いたのが、継続戦果の廃止!
この期に及んでこの判断には驚きましたね。
これまでの3週は一体なんだったのか?
まぁテストした結果、よくしろないと判断した結果か?
素人の私には何がどうよろしくないのかわかりません(汗。
ただ、3週間やらないと気づかなかったのかな?
という疑問は残りますが・・・。

あとは、突撃武将の効果が大きくなるらしいのと、
小荷駄粘着ができないような手が打たれたもよう。


正直、今回の合戦を経験してみて。
面白くなってきたなーというのが実感でして。
合戦コミュニティではトンカチ工作について色々と
不満があるようには感じますが。
個人的にはいいんじゃないかなーと思っています。
大筒の導入や鉄砲、弓の強化については
おおむねGoodJob的な意見なんですね?
『やれること』の幅が広がったおかげで
低Lvでも参戦しやすくなりましたしねー

個人的に面白いなーと思うのは。
大筒が敵陣まで運ぶのが大変だったり
途中で叩かれて意味なくなるあたりは
面白い使い勝手だなーと。
つまり防衛向けということでいいですよね。
ただ、逆茂木が出来ちゃうと運べるのかな?
これはこれで本陣攻防が楽しそう!
実戦を見ていると大筒や工作する人たちを
守るように腕に覚えのある方が周りを固めたり
その場その場で『やるべきこと』が浸透しつつあるなーと。

気になるのは密書の存在意義ですかね。
やってる方がいるのかも疑問ではありますが・・・。
大砲同様に廃止になりそうな気がしますね。
逆茂木もそうですが、自陣に戻らないと材料が
もらえない手間のかかる行動については
途中から手柄がアップしたもようですが、
手柄よりも戦果にどう貢献できるかなんですよね。
手柄を元に戻して、材料受け取りを近い自陣
でもらえると兵站やる人も増えるかも?

最後に。
現在も存在する『士気』って要りますかね?
あれのおかげで週の後半に諦めちゃったりするのでは?
勝ってる側を更に有利にする仕様がこれまでは
多過ぎましたよね。
逆転の可能性を仕様に反映できたら

勝ってる側は油断しないように励むだろうし、
負けてる側は最後まで諦めないだろうなと。


でもまぁこれを肥に求めると極端な仕様が導入されそうで
怖いというのが事実ではありますが(大汗。

実は合戦は負けてる時のほうが面白かったりするのと
一丸となれる瞬間というのが負け戦にはあるし、
接戦を勝てた時とかにも味わえますよね?
あれが合戦の醍醐味なんだろうなと思います。





乱戦、楽しいですねー

はい、今週のテスト合戦。
(公式ではイベント合戦らしいけど
どうみてもテストさせられてる感が・・・)

我らが武田家は本願寺、浅井家とともに
徳川家、北条家、斎藤家と合戦。
昨夜、ようやく参陣できたのですが・・・
ほとんど敵方に陣が落とされてる状況(驚。
一門メンの話だと人数差は100名程度らしい。
そのわりに随分と押されてる印象?

そういえば今回から天下人順位による補正
とかいうものが導入されたらしいけど、
その効果なの?それとも単なる劣勢?
ちなみに補正はお味方50%に対して敵方85%。
人数差と35%の差だけでここまでなるのか??
それとも何かしらの戦略の差なのかな?

とにかく合戦素人である私はいつも通りソロで
合戦私設の指示を見つつ行動開始。
敵方が本陣に迫りそうになった時の
坂での乱戦は楽しかったですねー
なんか懐かしい感じすらしました(笑。
今では死のうが生命無いまますぐ復帰できるし
生命回復するまでトンカチ工作も可能ですしね。
ただその工作のおかげで以前のように騎馬が少なく
敵徒党を割るシーンが少ないかもですね。
今夜あたり馬で参陣しようかな。

あと、嬉しかったことがひとつ。
あんだけ劣勢でも決して場が暗くなかったこと。
テスト合戦だからってこともあるんたろうけど、
合戦私設で荒れることもなかったし、
リアル士気はそれほど低くなかったと思う。
まぁ一門メンはかなりボヤいてたけどね(笑。

ちと合戦コミュニティが荒れてたようなので
いっそのこと報酬無くしてみると面白いかも?
と思っていました。
確かに参陣者は減るかもですが。
トンカチ工作は個人的には死に戻りの時に
少しでも役に立てるかなと思ってるけど
不評なら無くせばいいと思います。
もしかするとかなりシンプルになって楽しいかも?






なんか寂しいね

萌黄武田家の甲州六紋の筆頭様が引退とか・・・。
ほんの少しの間だけ一門員として世話になった私。
ただ、合戦にソロでウロウロしてただけなのに、
たまーに両替前で遭遇する程度だけだった
こんな私を一門に誘ってくれた筆頭様。

一門にいる間も、友人たちからは
『随分とデカい名前の看板しょってるね』
などとからかわれたものです。
何しろこんなライトプレイヤーがあんな有名な
一門にいるなんて確かに変ですものね。
そんな不釣合いを感じていたなか、
合戦から遠ざかってしまった自分がいて、
あの一門にいる意味が見出せなくなってしまって
勝手を言って抜けてしまったことが悔やまれます。
今またこうやって合戦に通うようになったのに
いつも先陣を駆けていた筆頭様が引退かぁ・・・。
なんかとっても寂しくなりますね。

こうやって考えてみると
長くプレイしているだけで、知っている人たちが
次々と引退していくのを見送ってるなーと。
いつかまた戻ってくるのでは?
なんてこと考えながらどこかで期待しつつ。
改めて色んな人たちに世話になったなー

今いる一門も古くからの知人が
フリーでいる私を誘ってくれたわけで。
長く見知っている知人がいるだけで気楽ですし
今いる一門員さんたちもみな楽しい仲間ばかり。
ひさしぶりに落ち着ける一門に参加できたな、と。
これも知人のおかげだものね。

また誰かの引退を見送るのかなぁ。
それとも私が見送られるのかな。
いずれにしても寂しい気持ちはイヤですね。
もし、そんな時がきても後悔しないように
知人様ともっと交流しなくちゃなーなんて
妙にそんなことを考えてしまいました。





テスト合戦、三週目迫る

第三週目のテスト合戦にも多少変更点があり
公式で発表されていますね。

まずは、これまでの全勢力が天下人順位の偶数と
奇数に分かれての天下二分的な合戦ではなく、
ある程度、実戦に近い形で3ヶ所で合戦発生のもよう。

武田、本願寺、浅井(50%) vs 徳川、北条、斎藤(85%)
上杉、今川(10%) vs 織田、足利(40%)
伊賀、三好(50%) vs 朝倉、雑賀(40%)


この括弧内の天下人順位による補正ってやつが
影響するのは下記のもよう

・陣陥落による手柄の増加
・陣支配力に与える影響の増加
・兵站活動に必要な回数が減少


つまり、我らが武田家の場合、50%なんだろうけど
敵方が85%なんで敵方に+35%有利ってことかな?
はたして、どれほどの影響があるのか楽しみではあります。
いずれにしても、実戦に近い参陣者数で、という思いは
私も合戦コミュニティに投稿していたので、嬉しい限りです。

あと、徒党が組みやすくなる仕組みも導入されるらしい。
しかも、党員が成仏時に徒党解除されないとか!
これって徒党プレイする方たちには朗報では?

更に、固定大砲がついに廃止されるらしい!!
うーん、それほど問題となっていたかはわからないけど
この大砲攻防戦でかなりアツくなった記憶もあるので
少しばかり寂しくはありますが・・・。
ただ、この大砲があることで無意味になるルートが
存在するマップも確かにありましたしね。
まぁ、これもどういう影響を与えるのか楽しみです。

他にも、突撃武将の出現時間の短縮や効果の調整
銃や弓といった間接攻撃系の兵種が強化されるっぽい。

気になるのは、手柄計算方法の調整
実行動に加えて手間と時間を考慮するらしいけど・・・。
これって、私も愚痴ってた本陣に戻らないと道具が
もらえない類の行動について手柄が見直されるのかな?

これはあくまで個人的な印象ですが。
今回の合戦仕様に対する開発陣の姿勢って
とっても評価できるような気がしますね。
合戦だけでなく、これだけ本腰を入れれるのであれば
ほかの要素もきちんと改善されるのでは?
もちろん時間はかかるでしょうけど(汗。
過去の遺物と化しているコンテンツを積極的に
整理して、も少しコンパクトにして欲しいかな。

例えば、伊勢路の戦い、妖魔陣、星野山、
陸海空とか九州なんかもコンテンツとして
再利用するというよりは、ちょっとした新要素を
追加してあげるだけで楽しめそうな気がします。
あ、あと高千穂とかね(笑。
道場クエでマップを再利用するのはいいんだけど
本来の旧コンテンツ化しつつあるものに
何かしらの付加価値を加えて復活させるなり、
思い切って整理するのもありだと思います。
今回のような体制と思い切った判断が可能なら
是非とも継続して着手して欲しいものです。





柔よく剛を制す

合戦コミュニティでもたまに見かけますが
『弱小国でも大国を倒せるように』的な意見。
一門メンの知人が言ってましたが
『合戦とは数の多いほうが勝つ』と・・・。
確かにそうなんですよね。
歴史上では確かに奇襲で大軍を敗走させたり
小が大を負かすこともありますが。
それは籠城戦で守り抜いたりも含めてですものね。
正面からぶつかって小が大を負かすのは到底無理(涙。

私が属している国は決して小国ではありませんが、
小国でも大国に勝てる仕組みを色々と考えていると
人数差で戦果に重みを付加するとか考えてしまい、
そうなると『決着のつきにくい合戦』になるだけだったり…。
例えば100人vs10人で対等の戦いができたら
やはり合戦として変ですものね(汗。
でもたまに見かける小国の意見なるものを拝見してると
そういう仕様を望んでいるようにも見えたり?

史実の合戦など見ると、敵方の大将を倒したりすると
烏合の衆と化して敗走するというものだったり、
奇襲などで混乱して総崩れとかですものね。
それをゲームに取り入れるとすると、いまの開発陣じゃ
到底無理なような気がしますし(汗。
何しろ士気の仕様がある限り、勝っている側は
どんどん加速するという仕組みですしね・・・。
とりあえず士気はリアル士気で十分なので
廃止してもいいかな、とは思っています。

例えば、総合戦果での勝敗ではなく、
何勝何敗で判定するとか?
あれ?以前はそうだったような記憶もあるなー
結果的に攻められても守り通せる仕組みを強化すると
開発陣が考える勢力図がドンドン変わっていくという
最近の方向性に逆行しますしね(汗。

ほんと考え出すと結論は数の暴力の肯定に・・・。
そうなると小国はどんどん参陣者は減って滅亡(涙。
勝っている国は逆に参陣者だけでなく所属する
プレイヤーも移籍者も増えるという一極化も?
ん?もしかしてそのために同盟ってあるんだから
大国(という基準が難しいけど)は小国としか
同盟を結べなくしたり、同盟自体結べなくしたり
外交の仕組みを変えていくしかなかったりして?

出る杭は打たれる、じゃないけど
天下人順位3位以内は同盟できなくなったり、
4-6位は7位以下の国としか同盟を組めないとか。
うーん・・・順位だと変動的で難しいか(汗。
ここでふと、各勢力の所属プレイヤー数が知りたいな、と。
人数とかで判定するのは難しいか(汗。
でも、合戦以前にこの同盟という仕組みをどうにかしないと
いつまでも小国の不満は解消されないような気がするなー





訪問者数
プロフィール

aji

Author:aji
→統合鯖
姓は多趣味家(たしゅみや)
『味(あじ)』とお呼び下さい
信on歴:破天の章~
推しは緑(謎

城とも募集中!
城下町『あじの里』
8445-9355-8019
キャラ紹介
多趣味家 瑞庵 (仏門)
多趣味家 出雲 (古神典)
多趣味家 是捨 (刀鍛冶)
多趣味家 雅堂 (仙論)
多趣味家 草風 (術忍)
多趣味家 鉄心 (武芸)
多趣味家 雲丸 (演舞)
多趣味家 禅林 (医術)
つぶやいてます
リンク
信onりーだー
掲載画像について
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。(C)2003-2011 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。