安土城マラソン大会を経て

はい、攻城戦遅咲きデビューのあじですw
全くもって知識が無いもので、
皆さんのブログなんかを徘徊しつつ、
攻城戦を進めるにあたって必要そうなことを
色々と調べて回っています。

んで、軍団や兵種?のレベルを
Lv70まで開放させられるという情報を得て、
せっせと安土城マラソン、全キャラ終了しました。
天守閣の信長と安土武者奉行の間を
行ったりきたり(/ω\)
さすがに8キャラはキツかった。

結局、アイテム無しで育てられるのは
Lv40までなんですね?
兵種は全種、解放されていたみたい。
盾やらオンモやら…。

お次は軍団の兵種技能というのかな?
それを設定しないとならないんだけど、
何しろ全くのノープランなので、
また皆さんのブログを徘徊しますw
色々と参考にさせて頂いています(土下座。

まぁといっても2垢で進めることには
すぐに壁に阻まれそうな予感はしてますがw
ボス戦も絵巻を埋めたいので大切ではありますが、
何よりも欲しいのは覚醒ボーナス!
いつまでも育成枠有償サービス続けてられませんww
噂ではボス戦前でもある程度稼げるとか?
もちろんそのためには軍神も真剣に育てて、
軍団の補助装備とかも揃えないとなんですよね?

まだまだ調べないとならないことたくさんw
皆さんのブログ記事と寄合所を見まくりです。
あとは時間の許す限りトライあるのみですかねー
その時間がなかなか作れないのですが(TдT)
鬼合戦?やらも今回もスルーになりそうです…。

頭のなかは既に3月のアプデの妄想ばかり。
楽しみがあると色んなことが苦にならなくていいですね。
ほんと、楽しみにしてます(プレッシャー)>肥様





スポンサーサイト

私が攻城戦をやらない理由

そんな理由、知りたくもないっつーの!
てひとはもちろん読まずにスルー推奨(笑。

いや、もちろん、導入当初は
『どんなんだろーな』程度にやりましたよ。
つーか、やらないとダメな感じだったので(汗。
でもすぐ『なんだこれ?やーめた』となりました。
なんつーか、ゲームのスタイルが完全に別物だし、
何よりも軍団という育成要素が個人的には
これ以上別な要素は無理!って感じでした。
しかも、どんだけ育てたってメインコンテンツには
なりえないだろうし、いつかは無駄になるなと
思ってしまったからなんですね。

ほかの育成要素は今後も使えるだろうなと
感じるのに対して、軍団は完全に攻城戦のみ。
あ、もちろんこのあとKOEIが意地を見せて
通常戦闘に絡めてきたら別ですが(汗。
まぁそれもまずあり得ないでしょう。
意地だとすれば、ここまで続けたことくらいか?

そもそも、軍団とかじゃなく軍神そのものを
お供にして戦うっていうなら百歩譲ってアリかな。
それが軍団という攻城戦でしか意味の無い
(と思ってて違ったらごめんなさいね(笑。)ものを
育てるという時間が無駄に思えましてね。

家臣とかは育てたら育てた分、今後も何かしら
使えそうな気もするし、ゲームのシステム自体から
逸脱していないから無駄では無いんですよね。
例えば、軍団も拠点戦に導入するとかするなら
意外と喜ばれるかもしれませんが・・・。
おそらくオープンバトルという要素を他のコンテンツ
にまで広げないでくれ!と怒りをかいそうな悪寒(汗。

KOEIも意地をみせて新しい城を追加してますが
そろそろ終わりが見えてきたはず。
いや、もっと増やしてくれー!と要望すれば
続くかもしれませんけどね。
ここまでは導入した側の意地でしょうね。
結局、旧コンテンツが廃れているのと同様に
攻城戦も、そして軍団も過去のものに・・・。
知行とかだと未だに地味に収入源になってたり
生産にも一役かってますからね。
育てて無駄だったとは全然思いません。
潜在などの他の育成要素も然り。
でも軍団は廃れたあとはどうするつもりなのか?
攻城戦には全く興味ありませんが、育成した軍団の
そのあとの存在価値にはとーっても興味があります(汗。





訪問者数
プロフィール

aji

Author:aji
→統合鯖
姓は多趣味家(たしゅみや)
『味(あじ)』とお呼び下さい
信on歴:破天の章~
推しは緑(謎

城とも募集中!
城下町『あじの里』
8445-9355-8019
キャラ紹介
多趣味家 瑞庵 (仏門)
多趣味家 出雲 (古神典)
多趣味家 是捨 (刀鍛冶)
多趣味家 雅堂 (仙論)
多趣味家 草風 (術忍)
多趣味家 鉄心 (武芸)
多趣味家 雲丸 (演舞)
多趣味家 禅林 (医術)
つぶやいてます
リンク
信onりーだー
掲載画像について
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。(C)2003-2011 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR