スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家臣の行動宣言

昨日、忘却やってて思ったんですけどね。

家臣も行動宣言すれば面白いのに・・・と。

まぁ自分の家臣だと行動設定してるわけだから
なんとなーく次は何するかはわかるんですが(汗。

例えば、道場狩りで家臣が一緒に巻き込まれて
行動宣言がログに出ると便利ですよねー
弱ボス戦とかだと徒党会話が最も好ましいけど
道場狩りの巻き込み戦闘を考えると
周囲会話でもいいのかなーとか。

もちろん表示の有無は家臣毎に設定できてね。
なかには表示させたくない人もいるだろうし(汗。
家臣メニューに追加してくれないかなー

そんなこと考えているうちに・・・
プレイヤーも技能を選択すると
自動に宣言ログが表示されるといいですよね?
さすがにそれは『ゆとり』って言われちゃうかな(笑。
チャットマクロがかなーり余裕でるんだけど(汗。

技術的には簡単な気がするんだけどなー
あとは運営様のヤル気次第ですが(爆。


【追記】
プレイヤーの宣言ログ自動化はちとマズそうですね。
例えば、アタッカ様の宣言ログの邪魔になったり
色々と問題が多そうなので自発的に取り下げます(汗。
失礼しました。






スポンサーサイト

家臣の育成も大変ですね

先日、一門の知人様の旧根の国クリアに同行しましたが、
とても利口な家臣団に驚かされました。
まるで中身がいるような動き!
まぁ無言なんで行動は読めませんが(汗。
特に神職さんの設定がまさに『ネ申』でしたね。
欲しいときに欲しいものが来る、といった感じ。

そのあと、自分の家臣団の行動設定とか眺めて
『こりゃもっとじっくり練らないとダメだな』と反省。
忘却とかボス戦を何度もやらないと調整できませんね。
うちの家臣団の場合は大抵はpt狩りのお供なので(汗。
はい、メテオんもばかりが重宝されています。
あの陰陽師家臣ですら、うまい設定してるなーと
感心させられる時もたまにありますからね。

以前は野良でご一緒した方の動きとかを学んで
自分の実装を変えてみたりしたのと同じですね。
学べることはたくさんあるなーと改めて思いました。

そんな我が家の家臣団の育成具合はというと。
仏 Lv60×6
古 Lv60×5、育成中のLv50
刀 Lv60×5、育成中のLv34
仙 Lv60×7
術 Lv60×6、育成中のLv48
芸 Lv60×5、育成中のLv48
演 Lv60×5、育成中のLv51
医 Lv60×6

忘却の進み具合も多少バラつきがあったりして。
忘却2クリアしてるのが2キャラしかいない事実(汗。
仏門さんと医術さんは忘却2クリアしないと家臣が増やせない状況。
あと、仙論さんは忘却3に挑む必要があるんだけど…。
内訳で考えると、戦闘ステ用と生産ステ用の家臣2名は
正直あまり実戦向きではなかったりします。
とはいえ人手不足ですから仕方なく参戦させてますが(汗。

忘却が自分の実力の限界かなと思えるところまで来たら
一旦、家臣を作り直すことも考えないとかなーと。
あと、2垢同時稼動できる環境になったので、
そのあたりも工夫して進められたらいいかな。
といってもまだ2垢操作にワタワタしてますけどね(笑。





家臣育成、着々と

現在、九州友好強化の島津、大友担当の仙論さん。家臣が今回のキャンペーン?のおかげでLv60になりました。
1_20121001110034.jpg
残念ながら生命は7,000に届きませんでしたが(涙。これでLv60家臣は5人目でして。まだLv50代で育成途中なのが武芸さん、演舞さん、医術さんの家臣3名。なんとか家臣育成が半額の間に育ててしまいたいところ。

ちなみにステ上げ用の家臣は8キャラともに職業は侍。何しろ生命の伸びが他の職に比べて良いように感じたので。特化は武士3、軍学3、武芸2。腕力が必要なキャラの家臣のみ武芸で、残りは盾特化を選んじゃいました(汗。持ちキャラに後衛職、盾職が半分というのもありまして。仙論さんと術忍さんに関しては再考する必要もあるような気もしますが、とりあえずはしばらく現在の家臣で色々と試してみようと思っています。

なお、生産用家臣は8キャラともLv50の忍者が控えています。やることがなくなったらこの忍者もLv60まで育ててあげたいものではありますが、今はステ上げ用家臣の育成が最優先。一部、3rd家臣を育て始めているのが仏門さん。試しに演舞を育てていますが、まだLv47と育成途中でして。それでもとても技能が新鮮で楽しいです。まだ一度も連れまわっていませんが、Lv50に到達したら長篠ptにでも連れ出してみようかなと。今から楽しみにしています。

今回の家臣育成キャンペーン?的なものは是非とも定期的にやって欲しいものですね。何やら複数の家臣を連れて出かけられるような仕様も準備しているようなことを聞きましたし。ソロプレイが多めな私にとっては家臣育成は新たな楽しみとなっています。






家臣とジレンマ

宇治合戦の戦況が思わしくないので、冒頭から全く関係ないネタで(笑。家臣育成キャンペーン?のおかげでLv60家臣が続々と生まれています。

一番最初にLv60に到達したのは仏門さんのステ上げ用家臣。
2_20120923100829.jpg
なんとか生命が7000超えてくれたのは嬉しかった。あくまでステ上げ用なので硬いのは硬い武士様なのですが、釣れないのが悲しいところ(涙。あと、戦闘力が皆無に等しいので評定とかは主力は仏門さんだったりします(汗。このあと、古神典さんのステ上げ用の家臣もLv60になり、続いて、ようやく刀鍛冶さんの家臣がLv60に到達しました。
3_20120923100828.jpg
こちらは残念ながら生命は7000届かず(涙。しかも防御力も伸び悩む形に…。まぁいつになるかわかりませんが、いつか育成し直せる時がきたらいいな~と(笑。しかし、いくらステ上げとはいえ、刀鍛冶さんの家臣が武士道とかね(汗。はやく共闘用の家臣育成に着手したい…。そうそう、仏門さんが共闘用家臣の育成を始めました。もちろんアタッカーです!どういうわけか演舞をチョイスしたもようですが(笑。



書くこともなくなってきたので宇治合戦の戦況など。ええ、士気120を敵方に得られたとはいえ、それ以上に何かしらの敗因の存在をみな感じているようで…。合戦私設でも話題になっていましたが、団結力の違いなのかな?と。敵方は何をするにせよ、ある程度の集団で行動を起こしている印象。人数は均衡しているものの、時間的にはこちらの方が多いこともあるのに、どうも押せないジレンマ…。

個人的には『敵方に"ソロ"というのはいるんだろうか?』というほど、フル徒党はもちろんのこと、最低でも2名で組んでたりと、ソロの姿がほとんど見られないという…。それに比べて味方は自分も含めソロで行動しているプレイヤーが多いような気がしますね。裏方に徹していてこちらに見えないだけなのかもしれないけど…。あと、ゲリラという戦法はもう大砲破壊みたいなことにしか使えず、陣を落とすには徒党を複数、用意すべきなのかなと。それが先陣であろうと徒党で挑むほが効率的な気がしてきました。もちろんソロは雑魚狩りや兵站で貢献できますし。もちろんゲリラは戦法よりも今では武将チャンスを公平に与えるという意味合いのほが強いみたいですけど。負けている合戦では戦法を変えるくらいの柔軟性がないと厳しいのかもしれないなと。昨日あたりは二度ほど久しぶりにゲリラに参加してそんなことを思いました。






武士家臣Lv60

昨日は私用で宇治合戦には参加できなかったので、家臣が初めてLv60まで到達した話題を。
1_20120831084235.jpg
訳あって1stキャラの仏門さんの家臣なんですが(汗。特化は武士道。とりあえず生命が7000を超えてました。ご覧の通り耐久を意識し過ぎて魅力の低いこと(笑。武士道を育てたことのないのがよくわかりますね。まぁこの家臣はステータスアップ用の家臣なんで、生命と耐久を重視した結果です。とはいえ共闘家臣を育てるまではこの武士道さんと共闘する予定。とはいえ評定クエくらいなんですけどね(汗。

ちなみに行動設定はこんな感じ。
1_20120831084114.jpg
2_20120831084114.jpg
3_20120831084113.jpg
最初の頃は対単体設定と対徒党設定を作って使い分けてたのですが、よく切替ミスしていたので、ひとつにまとめました(笑。単体相手に全体看破とか無駄な要素も満載ではありますが…。まぁ切替ミスして悲しい思いをするよりはいいかなと。何しろ気合を全く育てなかったので、攻撃参加までは無理なんでシンプルに設定してみました。そのわりに戦う気満々の自動発動技能がいくつか見られますが(笑。

そういえば最初の頃は術止めロジックも組み込んでたのですが、待機時間と術止め行動の兼ね合いもイマイチだったのと、完全に準備中だと判断してから発動でほとんど機能しなかったので外してしまいました(汗。もちろん家臣にはバー読みは無理ですしね(笑。まぁ我武者羅・改あたりが偶然にヒットするのをワクワクするのもいいかなと。



最後にちょっとだけ宇治合戦の話題も。どうやら昨日の夜陣は戦果が上回ったようで。戦果差は少し縮まったものの接戦のまま今夜の前半大決戦に突入するもよう。大決戦・参も出来そうなんでどういう戦術がとられるのか興味津々。必要とあれば大決戦にも参陣しようと覚悟だけはしています。何しろLv65までの残り経験値が1億をきった武芸さんなんで、もしかすると宇治合戦が終わるまでに強化育成が終わってしまいそう?そうすると途中から演舞さんでの参陣となりそうです。何はともあれ前半大決戦、頑張りましょう!







家臣団、再育成

先日のアップデートで選択できる職が増えた家臣団。更に上位技能も追加され、レベルも60まで育てられることもあって、更なる成長が期待できるようになりました。そこで、既に8キャラともLv50家臣がいるのですが、うち数キャラの家臣を再度育成することにしました。ステータスアップのための家臣のうち、いくつか職を選択ミスしたものがあったものですから(汗。当初は『ステ用』と『共闘用』を併せて考えていたのが、家臣が1キャラで3つ持てることが判明して悩んでいたところに、今回のアップデート・・・もう思い切って育て直そうと決意した次第です。

1つはステアップ用として基本は生命MAXに各キャラ毎に必要なステータスを重視、1つは生産用として器用、魅力MAXに残りは腕力。腕力上げとくと重さに耐えられますしね。そして最後の1つは共闘用、いわば『お供専用』ですね。こちらは職の選択が増えた分、ある意味一番楽しみな要素なのですが、まずはステアップ用の再育成が急務かな。だいたい評定クエの武技で連れて歩くくらいんですけどね。私の場合、秀吉ダンジョンには連れて行きません。そのうち行動設定に慣れてきたら連れて戦ってもいいかなとは思ってますが。

そういえばこの行動設定、なかなか奥が深いですよね。私の場合、『対単体設定』と『対徒党設定』の2つに分けてます。何度も戦ってみて調整するのが地味に楽しかったりします。才蔵さんを倒すと行動設定も20個から25個に増えますし、更に色んなことを覚えてくれそうですね。


最後になりましたが、昨日の日記に書いた真田信綱さん。やはり他の皆さんのブログを覗いてると初回撃破がフツーみたいで(笑。そんなに苦労しないみたいですね・・・。まぁ敵構成に回復職もいないし、連携とれてて火力さえあれば楽な敵なのかもしれないです。ただ、やはり私のような者にとっては強い敵であることは間違いなく・・・。実力の差を改めて思い知らされた次第です、はい(汗。






才蔵と初対戦

第二陣を少しずつですが楽しんでいます。昨日は家臣の特化目録をもらいに三輪山へ。才蔵さん、意外と手前にいたんですね(汗。もっと探しまくらないとならないのかと思いきや、人だかりができていてすぐわかりました(笑。とりあえず家臣の行動設定を少しばかり攻撃的に設定して挑んだものの、設定ミスでなかなか殴る判定まで辿り着かず・・・。何しろ普段は敵の邪魔をするためだけの行動設定なもので(汗。ちなみに初戦はどういうわけか才蔵さん、女性になってました(笑。

再度挑戦したところ今度はネズミに?
2_20120713211334.jpg

3_20120713211333.jpg

4_20120713211332.jpg
なんと一撃で終了・・・。こんなこともあるんですね(笑。無事に特化目録は手にできたんで、侍家臣を軍学にしました。まぁステ上げ家臣なんで共闘家臣はまた別に育てるつもりです。こんな感じなら何度か戦えばそのうち必ず勝てそうですね。ホッとしました。

あとは昨日、医術さんが九州瓦でなんとか島津友好を9000ほどに上げれたので、島津での九州ptに初参加。ようやく友好貯めを一部ですが開始できました。今日は九州瓦が大友なんで、こちらもなんとか9000に届きそうなので、大友での九州ptにも参加してみようと思います。

最後に名所ネタですが。先日なんとか建てることができた初名所の鎌倉大仏。もしや?と思って背中に回ってみたら・・・。
1_20120713211335.jpg
きちんとこんなところまで再現してるんですね!はい、私も一度中に入ったことがあったものですから。まぁ細かいところまで・・・と感心しました。その細かさを別なところにも是非とも発揮して欲しいところです(笑。





そろそろ家臣育成を再考

我が家の8職、全キャラの家臣がLv50になりつつある今日この頃。さて、新しい家臣の職は何が追加されるのかな?とか考えつつ過ごしているわけですが。ステータスアップ目的で育成したものの、もしかすると職の選択を誤ったかも?と思われるものもいくつか(汗。まぁたいした選択ミスではないものの、気になりだすと止まらなくなるのが常でして・・・。もし、キャラ同様に家臣にも職によるステータス成長度が違うのであれば(というかやはり違うみたいだし・・・)育成について再考してもいいのかなと。

まずは現在の家臣で選択できる3職のステータス成長度を、寄合所の職別の成長度と照らし合わせてみると。ステータス毎に上位に位置する職は・・・

生命 侍が成長度『S』
気合 陰陽師が成長度『S』
腕力 侍が成長度『S』、忍者が成長度『A』
耐久 侍が成長度『S』
器用 忍者が成長度『S』
知力 陰陽師が成長度『S』
魅力 陰陽師が成長度『A』

これを踏まえて、我が家の8キャラの特化で『個人的に』必要そうと判断したステータスから家臣の職を選択してみると・・・

仏門 耐久+魅力(or知力)→侍or陰陽師
古神 耐久+魅力(or知力)→侍or陰陽師
刀鍛 魅力+耐久→侍or陰陽師
仙論 魅力+知力→陰陽師
術忍 魅力+知力→陰陽師
武芸 腕力+魅力→忍者or陰陽師
演舞 腕力+魅力→忍者or陰陽師
医術 耐久+魅力(or知力)→侍or陰陽師
※生命は必須でMAX育成として

どうしても魅力を伸ばそうとすると陰陽師の1択になるのが難しいところ。では、8職のステータス成長度を鑑みて、伸びにくいステータス重視で判断すると・・・。

仏門 耐久B、知力B、魅力E 魅力重視→陰陽師
古神 耐久E、知力A、魅力S 耐久重視→侍
刀鍛 耐久A、魅力C 魅力重視→陰陽師
仙論 知力S、魅力A 魅力重視→陰陽師
術忍 知力D、魅力D 魅力、知力ともに重視→陰陽師
武芸 腕力S、魅力E 魅力重視→陰陽師
演舞 腕力C、魅力C 判断が困難?→忍者or陰陽師
医術 耐久C、知力C、魅力B 魅力重視→陰陽師

やはり陰陽師を選択しがちになりそう(汗。もともと魅力というステータスが『育ちづらい』ステータスであることもこの結果に結びつくのか?いずれにしても現在選択している家臣の選択と少しばかり異なるのが気になるところ(汗。最初に選択する際、『共闘』することも頭にあったせいか、選択がブレていることも事実・・・。例えば技能的に補える職、武芸、演舞などは結界破りに惹かれて忍者選択とか(笑。

いずれにしても、選択した職によってステータス成長度に『大きな』差があると仮定した話で、その差が気にならない程度(自キャラに反映されるのは10%なのだから)なら、『共闘』を意識して技能重視で選択するのも問題は無さそうな気がしてきました。





家臣も着々と

評定クエストの武技くらいしか連れて歩かない家臣たち。
ええ、桶狭間とかには連れて行かない主義なんで(汗。
やはり戦闘ステータスアップが主目的になっています。
そんな家臣たちも着実に育っていまして。
現在、8キャラのうち6キャラはLv50家臣持ちです。

仏 花英 Lv48(育成中)
古 順圭 Lv50
刀 效星 Lv50
仙 太妍 Lv50
術 智賢 Lv43(育成中)
武 賓藍 Lv50
演 知恩 Lv50
医 秀智 Lv50

なお、仙論さんと演舞さんは生産ステータスアップ用の
家臣を別に育成中だったりします。
また、刀鍛冶さんなどは既に生産ステ用家臣もLv50(汗。
ちなみに生産ステ用の家臣は器用、魅力ともに50回育成と
残り20回を腕力で育成しています。
材料持ち歩くのに腕力アップは助かりますので。

日課となっている城下町と家臣の育成ですが、
そろそろ戦闘ステ用の家臣育成はひと段落しそうですね。
欲を言えば狩り用の家臣も育てたいところではありますが・・・。
どうやら家臣の職も追加されるという噂もありますし、
少しばかり様子を見つつ生産ステ用家臣の育成に勤しみましょ。






訪問者数
プロフィール

aji

Author:aji
→統合鯖
姓は多趣味家(たしゅみや)
『味(あじ)』とお呼び下さい
信on歴:破天の章~
推しは緑(謎

城とも募集中!
城下町『あじの里』
8445-9355-8019
キャラ紹介
多趣味家 瑞庵 (仏門)
多趣味家 出雲 (古神典)
多趣味家 是捨 (刀鍛冶)
多趣味家 雅堂 (仙論)
多趣味家 草風 (術忍)
多趣味家 鉄心 (武芸)
多趣味家 雲丸 (演舞)
多趣味家 禅林 (医術)
つぶやいてます
リンク
信onりーだー
掲載画像について
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。(C)2003-2011 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。